産直:食べて守ろう家族の健康と日本の農業

 産直で家族の健康と日本農業をまもりましょう農家が集う団体の農民連(農民運動全国連合会)と連携して、野菜・米などの産直を行い、食の安全と農業を守り、食料自給率を向上させる運動をしています。
 残留農薬、遺伝子組み替え農産物、BSEや鳥インフルエンザの発生、 偽装表示等があいつぎ、食への心配があふれています。新婦人は「安全なものを子どもや家族に食べさせたい」と、農民連の生産者と話し合い、1990年から無農薬・減農薬の安全な野菜や米の産地直送運動を全ではじめました。
 新婦人岡山支部では、岡山県農民連と手を結び、有機肥料で育てられた減農薬のお米を月1回精米したてでお届けする米産直と、新鮮で美味しく、土作りにもこだわった有機・低農薬の野菜を週1回お届けする野菜産直を行っています。
 その他、田植え、稲刈り、イチゴ狩り、栗拾い、芋掘り、など生産者と交流できる企画や、野菜を美味しく食べるための料理教室もあります。また、1月から3月にかけては農民連の皆さんが作った大豆と麹で味噌作りも行っています。自分たちで味噌がつくれること、さらに、新婦人で作った味噌は大変美味しいと会員の皆さんが楽しみにしている行事です。
 生産者と手を結び、「食べて守ろう家族の健康と日本の農業、安全な国産の食べ物」を合言葉に産直運動の輪が広がるようみんなでがんばっています。