IMGP1451110月7日岡山市に署名提出

今年2月議会に請願陳情を行い、市としては国に全会一致で国に意見書を提出(子宮頸がん)、という結果をうけ、あくまでも全額公費助成を要望しようと、子宮頸がん、細菌性髄膜炎(ヒブ)ワクチンの署名に取り組み、他団体と協力し、子宮頸がん(4080筆) ヒブワクチン(4188筆)を集めて提出することができました。署名にご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

岡山市保健福祉局長さんと、岡山市保健所長さんが応対してくださいました。それぞれの団体(新婦人・子どもの医療費無料化をすすめる岡山の会、医療生協、民商婦人部、岡山人権連)から9名と、共産党市議2名が参加しました。子宮頸がんワクチンは全国的にも自治体で、全額負担での公費助成が進んでいて、岡山では7町村が実施、さらに拡大して欲しいと要望、ヒブワクチンは生後2ヶ月から5歳までに受けてもらいたいワクチンで摂取は3回から4回必要、1回の自己負担5000~7000円で、家計には重い負担です、いろんな病気のリスクをもつ子どもたち、保健局長局長さんも助成は必要だと認識していると言いながら、一方で市の財政状況などにも触れ、全体の福祉のバランスをとろうと思うと、国からの助成などももっと言っていかないといけないと言われ、いろいろ要望を聞いてもらう良い機会になりました。

引き続き予算要求をしていくことで、議会の動きを見守りたいと思います。IMGP1454-3

コメント入力