9月10日、大井班料理小組で豆腐づくりをしました。前日から水につけ、十分膨らんだ大豆をミキサーにかけ、鍋で煮て、布袋で漉すと、豆乳とおからができました。豆乳を味見すると、甘くておいしく、おからもしっとりとして、市販のものとは、ぜんぜん違っていました。豆乳を鍋に入れ火にかけ、にがりを3回に分けていれました。そのうちもろもろと固まったものが見え始め、これが豆腐なのかと感激!木綿を敷いた型に入れ完成。豆腐と、おからを調理して食べました。 できたての豆腐お持ち帰りもできました。自分で作ってみると、豆腐の適正価格もわかり、安売りの豆腐がどのように作られているかの学習にもなりました。今年は異常気象で大豆の出来がわるいようで、来年早々の味噌作りが心配です。

コメント入力