今回は京都で

 京都の「あけぼの」さんと岡山レイラと合同でのメイク・アドバイザー講座に行ってきました。京都の街を見るわけでもなく、またもや京都駅と会場の往復だけ。岡山からは3人で参加しました。091016_130834

1960年代の化粧品公害を背景に、いい化粧品がほしいという新婦人の会員の声にこたえ、レイラ化粧品は1971年、安全安心で適正な価格の化粧品を自社開発して39年。女性平和基金の会に協力して10年。美と平和のかけはしとして大きな役割を果たしたことや、化粧は21世紀にふさわしい文化、いま医学的にも、心を癒す意味でも大切だとよくわかりました。

コメント入力