知覧特攻平和会館6月26日~28日岡山支部企画で鹿児島知覧を訪ねる平和の旅に行きました。

1日目は知覧を訪れました。知覧特攻平和会館の20歳前後の若者たちの遺影と遺書等には胸が痛みました。しかし、展示をみて、肝心なことが欠けていると感じました。なぜ、彼らは死にに行かなければならなかったのか?なぜ、日本は戦争への道につきすすんで行ったのか?そのことから目をそらせてはいけない。私たちは二度と戦争を起こしてはならない。そのためには、この「なぜ」を考えなければならないと思います。彼らは死にたくなかったはずです。家族や愛する人が幸せに暮らせることこそ望んでいたと思うのです。  その他、周辺の戦争遺跡の見学や学習・交流会をしました周辺の施設の跡で説明をうける

2日目は薩摩の小京都といわれる武家屋敷の散策、長崎鼻で水平線をみて、桜島にわたり展望所に行きました。見ているところに桜島が2度爆発し、自然のすごさにびっくりしました。 

噴煙をあげる桜島

 

3日目は鹿児島市内にもどって市内観光です。石橋記念公園・名勝仙巌園・維新ふるさと館などを見学しました。

 

島津家の別邸の中庭

混浴の竜神温泉にもはいったし、カラオケでストレス解消したし、おいしいものも食べて、知識も体重も増えた3日間でした。

One Response to “知覧を訪ねる平和の旅”


  1. nanatyan

    平和のレポお疲れ様です、楽しくためになった様子伝わりました~
    毎年夏になると改めて平和を感じますね、けして風化させてわいけないこと、あの日の真実に目をそらしたり、忘れ去ることは絶対あってはいけません、そのことを2度と繰り返さないために、戦争を知らないで育った私達にも出来ることですね、語り継ぐこと、学ぶこと、誰かに署名を頼むことぐらいがんばらなくてはいけませんね。

コメント入力