1月27日に開かれた地域の9条の会の集まりに参加しました。準備会からしてきた「平和について考えませんか?part4」で、今回は新藤兼人監督の最後の作品「一枚のハガキ」をみました。

「銃後でこんなことが本当にあったことが信じられない。今では考えられません。」と戦後生まれの方が話されました。また戦中派の方が、「昔のことを思い出して懐かしかったが、やはり戦争は行った人も残された人も不幸になる。絶対に嫌です。」「若い人に伝えていかなければ。」とみんなで感想を話し合いました。 そして、1年間の活動報告をし、新政権で9条が危ないので、さらに運動を強めていこうと決めました。 2月から毎月署名行動をします。(この9条の会には大元と大供の会員が参加しています。)

コメント入力