7月15日就実大学・短期大学で開かれた岡山県母親大会は、午前中の分科会と午後の全体会に650人の参加でした。有森祐子さんの記念講演には会場いっぱいの人でした。(有森さんの写真はNG で撮っていません。)股関節脱臼で生まれてからの生い立ちから話され、「人間ならあきらめなる必要がない。ものの見方を変えればできる。生きる力をつけることが一番大切。」と訴えられました。「岡山で話すと岡山弁の説明をしなくてわかってもらえて楽だわ。」などとざっくばらんにすごく楽しいお話で会場はもりあがりました。写真は活動交流時のものです。元気をもらった大会でした。岡山県母親大会2012

 翌日16日に県立図書館で開かれた熊丸みつこさんの子育て講座には、中・高校生のお母さんたちが集い、へたな漫談より面白いお話に笑い泣きしました。よく、学校で講演されるそうです。「かわいいですよ。中学生も高校生も。まゆげなかったりしますけど。」 「子どもたちは『自分はたくさんの笑顔に包まれてきたんだ。お母さんが命をかけて生んでくれたんだ。』と気づくと変わる。愛情を十分にもらわなかった子は大きくなっても求めている。子どものすることに無駄はない。すべて必要なことです。」 子育て終わったような感じの私ですが、感動しました。もっとたくさんの人にお話聞いてほしかった。熊丸講座

コメント入力