2月, 2014

第33回支部大会、いろいろあったけど終わった~

日曜日, 2月 23rd, 2014

第33回支部大会 2月22日林病院ひまわりホールにて第33回支部大会を開きました。当日朝までもれはないかなとチェックしたのにミス続出! でもなんとか終わりました。26人の支部委員を選出し、支部長・事務局長・常任委員は再任されました。(1人常任委員が増えました。)支部大会の感想も「新婦人ががんばっているのがわかってよかった。」「私もできることをやりたい。」などうれしいものでした。これから、2この日のためにつくったタペストリー年間またがんばって活動しますので、みなさんご協力をヨ・ロ・シ・ク!

市長との懇談に参加して、子どもの医療費無料化の拡充を訴えました。

火曜日, 2月 11th, 2014

大森市長との懇談2月10日大森市長との懇談に参加しました。私たちは子どもの医療費無料化の拡充をお願いしましたが、「ほかからも要望は聞いているが、医師の負担が増えるなどいろいろ単純にはいかないので。」とおっしゃいました。広く市民の声を聞いて、前向きでソフトな感じの市長さんです。市長さんが変わるたびに少しずつ拡充してきたのでよろしくお願いします。

放射能を浴びたX年後という映画を見に行きました。監督の話も聞きました。

日曜日, 2月 9th, 2014

上映後の伊東監督の話 第五福竜丸だけではない被爆した船の漁民たちに聞き取り調査をし、アメリカの機密文書からみえてきたことなど映画にしたこの作品はすごいと思いました。もうすぐ3・1ビキニデーですが、伊東監督は被爆をその日だけに矮小化しないでと訴えられました。1954年のキャッスル作戦のなかの3月1日にブラボーの実験が行われ、5月まで全部で6回、さらに1962年まで大気圏内での実験がつづけられ全世界に汚染が拡がったのです。そしてセシウムの半減期は29年だから、現在30歳くらいの人も汚染された世界に暮らしていたことになる。決して他人事ではないと話されました。被災漁民が若くしてガンでなくなっている。被爆者手帳を申請しても受け付けてもらえないなど許せません。もっと多くの人に知らせていかないとフクシマも同じことになるのではと思われます。