2月, 2011

山口百恵さんのこと

土曜日, 2月 19th, 2011

 今週号の新婦人しんぶんの8面は映画「死にゆく妻との旅路」に主演した三浦友和さんのインタビューです。記事の中で三浦さんは、「結婚31年目・・・いい奥さんがきてくれた」と書かれています。

 1977年の夏、東京に遊びに行った時、ドラマのロケ地として有名な並木道にいったら、百恵さんが写真撮影をされていました。まわりにあまり見ている人もいなくて、しばらく見学させていただきました。百恵さんは私たち(私と夫・・・当時は婚約中)をじっと見つめて、なぜか急に機嫌が悪くなりました。メイクの女性に怒ったりしていて、「あれ、イメージとちがうな。」と思ったのですが、あとで考えると、あの時期は、三浦友和さんと交際されていたけれど、公にはできない時で、いろいろ悩みがあったのかなと思いました。それも人間的でいいなとかえって親しみがわきました。 子どもさんたちも活躍され、いいご家庭を築かれて本当にすばらしいと思います。 ちなみに私は百恵さんの「秋桜」と「いい日旅立ち」が大好きです。カラオケで歌います。

新国際署名はじまりました

金曜日, 2月 18th, 2011

2月15日に新国際署名に取り組むことが発表されました。16日に早速、岡山駅前で署名行動をしました。17人が参加、42筆の署名をとりました。新国際署名行動「だいじなことだから、がんばってください。」と署名をしていただいた方に励まされ、とてもうれしく思いました。

詳しくは 原水協のニュースをご覧ください。

新婦人学校

水曜日, 2月 9th, 2011

新春のつどい(新婦人学校)1月28日 

 新婦人学校中央本部加藤副会長を迎え、午前に中央公民館三勲分室、午後には民主会館で新婦人学校を開きました。三勲分室では、21人と子ども6人参加、若いお母たちも多かったので、新婦人の歴史を中心に話されました。「小組で入会したので、政治のことや、平和のことなど考えていなかったが、核兵器の署名でニューヨー  クに行ったことなどを知って自分たちの活動がつながっていることがわかった。」などの感想が出ました。民主会館では、17人が参加、今、くらしが厳しくなっているのは1980年代に政治が大企業優先になっていったことから始まっていることなどの歴史を学び、班で話し合いができるように中央本部で紙芝居をつくったことなど聞きました。参加者は、入会のきっかけや思いを語りました。ケンちゃん(Nさんの腹話術)も新婦人にエールを送ってくれました。今年は大会の年であり、日本母親大会が広島で開かれる中で母親大会を支えてきた新婦人を大きくすることが大切なことだとあらためて思いました。