10月, 2010

第44回県母親大会

日曜日, 10月 24th, 2010

県母親大会10月24日総社市で岡山県母親大会が開かれ,450人が参加しました。

午前中は分科会でした。私は第7分科会「二度と戦争をくりかえさないために―歴史の証言」に参加、中国残留孤児の方たちのお話を伺いました。敗戦時の逃避行で家族を失い、苦労して生きてきてたことを聞き、二度と戦争をしないでという訴えは参加者の心に深くしみました。

沢山先生と百徳着物                 午後の全体会は、沢山美果子先生の「歴史の中の親と子」―男・女・子どもの過去と未来―の記念講演でした。今のモデル家族は大正期1920年代になってつくられたもの、せいぜい100年の歴史しかない。江戸時代は家族みんな働いて生活することで子どもを育てていた。男性もお産にも子育てにも関わっていた。捨て子は村の育みー子どもをみんなで育てるという考えだった。現在の子育ては、母親の負担が大きいが、「イクメン」という言葉ができたように男性も子育てに関わり始めている。そのためにも、働かされ方を変えたり、子どもの育ちを支援する体制を作っていくことが必要だ。など、昔の桃太郎の話などでわかりやすく話してくださり、「目からうろこの話だった。」などの感想もありました。新婦人県本部の運動報告

そのあと、各団体の活動の交流がありました。

他の分科会に行かれた方、感想をお寄せください。

子宮頸がん、ヒブワクチン署名提出

日曜日, 10月 10th, 2010

IMGP1451110月7日岡山市に署名提出

今年2月議会に請願陳情を行い、市としては国に全会一致で国に意見書を提出(子宮頸がん)、という結果をうけ、あくまでも全額公費助成を要望しようと、子宮頸がん、細菌性髄膜炎(ヒブ)ワクチンの署名に取り組み、他団体と協力し、子宮頸がん(4080筆) ヒブワクチン(4188筆)を集めて提出することができました。署名にご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

岡山市保健福祉局長さんと、岡山市保健所長さんが応対してくださいました。それぞれの団体(新婦人・子どもの医療費無料化をすすめる岡山の会、医療生協、民商婦人部、岡山人権連)から9名と、共産党市議2名が参加しました。子宮頸がんワクチンは全国的にも自治体で、全額負担での公費助成が進んでいて、岡山では7町村が実施、さらに拡大して欲しいと要望、ヒブワクチンは生後2ヶ月から5歳までに受けてもらいたいワクチンで摂取は3回から4回必要、1回の自己負担5000~7000円で、家計には重い負担です、いろんな病気のリスクをもつ子どもたち、保健局長局長さんも助成は必要だと認識していると言いながら、一方で市の財政状況などにも触れ、全体の福祉のバランスをとろうと思うと、国からの助成などももっと言っていかないといけないと言われ、いろいろ要望を聞いてもらう良い機会になりました。

引き続き予算要求をしていくことで、議会の動きを見守りたいと思います。IMGP1454-3

夫婦別姓

日曜日, 10月 10th, 2010

 もうすぐ結婚する娘がいるんですが、入籍をしてすでに苗字が変わったんです。姓が変わってどうということはないけれど、(職場は旧姓で通すので。)いろいろ面倒なことがいっぱい。免許証のために警察署にいかないといけないし、銀行もいかないといけない。公的なものは全部変えないといけない。「大変だぁ。なんで私だけこんなことしなきゃいけないの。」と言ってました。ほとんど女性の側が姓を変えることによって大きな不利益をこうむります。日本は国連から勧告を受けているのに、まだ夫婦別姓の法制化がされていません。韓国も中国も夫婦別姓です。世界の常識からずれているのに、わかっていない人が多いです。

水木しげる妖怪大図鑑

土曜日, 10月 2nd, 2010

 灘駅のポスター兵庫県立美術館で開催中の「水木しげる妖怪図鑑」に行ってきました。子どものころ読んでいた水木漫画の原画や、江戸時代の妖怪の巻物や掛け軸なども展示されていました。子どものころからすごい緻密な絵だなと思っていたけれど、原画をみてあらためてすごいなと思いました。「ゲゲゲの女房」で渾身の力をこめて描いていたことがわかって納得です。昔の風景の絵がいっぱいで懐かしくいい気分でした。たまには美術館もいいですね。