署名

平和行進と被爆者国際署名そしてヒロシマへ

土曜日, 7月 23rd, 2016

平和行進の岡山市内行進は18日から20日でした。私は20日に参加、ちょっとだけ歩きました。市役所から早島まで歩くという会員さんに新婦人の旗を託しました。平和行進

木曜マルシェなら人が集まるのではと21日に新しい署名「被爆者国際署名」の署名行動に取り組みました。暑くて30分ほどで打ち切りましたが、32筆の署名を集めることができました。

23日には、8月5日の広島での「女性のつどい」、翌日の原水禁閉会総会参加のためのバスツァーの事前学習会をします。広島で全国のみなさんと会えるのが楽しみです。

 

8月6日 核廃絶署名行動をしました。

水曜日, 8月 7th, 2013

 朝、広島の記念式典をテレビで見て、11時半から岡山駅で署名行動をしました。暑くて汗をだらメガホン作って訴え中だら流しながら、また、ハンドマイクが壊れて新聞でメガホンをつくって訴えたりと苦労しながら、30分で46筆の署名が集まりました。「あさいち」で平和を子どもたちにどう伝えていくかを放送していたせいか、子ども連れの方がたくさん署名してくださいました。広島からの方もいらして、「がんばって」と励まされました。

7月の署名行動。8月の原水禁大会まであと1ヶ月。

日曜日, 7月 8th, 2012

 7月6日、原水協の核兵器廃絶のための6・9行動に参加しました。10団体17人が参加28筆の署名でした。 原水禁大会まであと1ヶ月、もう一回り署名を広げたいです。

お花見と署名

日曜日, 4月 8th, 2012

署名と桜 今月も核署名行動をしました。後楽園のお花見をかねて。まだ寒かった~。でも、後楽園はさすが観光地ですね。海外の方も多いです。片言の英語で話してサインしていただきました。日本に留学している学生さんもいました。15人参加し、25分で61筆の署名を集めました。署名の後、お弁当を食べたけど寒くて、早々に引き上げ、県本部によってコーヒーを飲んであったまりました。これから、いい気候になるのでもっとがんばって署名をひろげたいです。

「核兵器全面禁止アピール署名」学習会

木曜日, 3月 31st, 2011

 3月25日 原水爆禁止岡山県協議会平井事務局長を招いて学習会をしました。パワーポイントをつかってのスライドで、核兵器廃絶の運動の歴史、アメリカが戦後日本占領支配のために原爆をつかったこと、現在の運動の到達などわかりやすく説明してくださいました。開催直前に、この新署名に対して、県内すべての自治体の首長・議長の賛同が得られたとの連絡がありました。このことは、署名を集める大きな力になります。署名にとりくみましょう。

 東日本大震災で福島の原子力発電所は壊滅的被害をうけ、多くの人が避難させられています。また、水道の汚染も心配です。原子力というものに対して本当に考えなければいけない時だと思いました。

新国際署名はじまりました

金曜日, 2月 18th, 2011

2月15日に新国際署名に取り組むことが発表されました。16日に早速、岡山駅前で署名行動をしました。17人が参加、42筆の署名をとりました。新国際署名行動「だいじなことだから、がんばってください。」と署名をしていただいた方に励まされ、とてもうれしく思いました。

詳しくは 原水協のニュースをご覧ください。

国保署名提出しました。

日曜日, 12月 26th, 2010

 副市長に署名をわたす12月22日、岡山市社会保障協議会で岡山市に国民健康保険の署名を提出しました。署名数は26224筆でした。各団体から12人が参加しました。読谷山副市長が応対してくださいました。署名を集める中できいた市民の声などを伝え、ぜひ保険料を引き下げてほしいと要望しましたが、副市長は、今年度も特別に予算をつけて引き上げをおさえていて、これ以上は難しいといわれました。同席してくださった共産党の市議さんによるとまだ使えるお金はあるので運動をすすめていけばできるそうです。さらに署名を集めましょう。目標は10万筆です。

子宮頸がん、ヒブワクチン署名提出

日曜日, 10月 10th, 2010

IMGP1451110月7日岡山市に署名提出

今年2月議会に請願陳情を行い、市としては国に全会一致で国に意見書を提出(子宮頸がん)、という結果をうけ、あくまでも全額公費助成を要望しようと、子宮頸がん、細菌性髄膜炎(ヒブ)ワクチンの署名に取り組み、他団体と協力し、子宮頸がん(4080筆) ヒブワクチン(4188筆)を集めて提出することができました。署名にご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

岡山市保健福祉局長さんと、岡山市保健所長さんが応対してくださいました。それぞれの団体(新婦人・子どもの医療費無料化をすすめる岡山の会、医療生協、民商婦人部、岡山人権連)から9名と、共産党市議2名が参加しました。子宮頸がんワクチンは全国的にも自治体で、全額負担での公費助成が進んでいて、岡山では7町村が実施、さらに拡大して欲しいと要望、ヒブワクチンは生後2ヶ月から5歳までに受けてもらいたいワクチンで摂取は3回から4回必要、1回の自己負担5000~7000円で、家計には重い負担です、いろんな病気のリスクをもつ子どもたち、保健局長局長さんも助成は必要だと認識していると言いながら、一方で市の財政状況などにも触れ、全体の福祉のバランスをとろうと思うと、国からの助成などももっと言っていかないといけないと言われ、いろいろ要望を聞いてもらう良い機会になりました。

引き続き予算要求をしていくことで、議会の動きを見守りたいと思います。IMGP1454-3

子宮頸がんと細菌性髄膜炎のワクチン

水曜日, 7月 7th, 2010

 いま新婦人岡山支部では、「子どもの医療費無料化をすすめる岡山の会」とともに「子宮頸がん」と「細菌性髄膜炎」のワクチンへの公費助成を求める署名に取り組んでいます。そこで、病気について詳しく知るために学習会を企画しました。

 子宮頸がんと細菌性髄膜炎についての学習会   7月17日(土)10時~12時 医療生協会館コムコム3F(赤坂本町 協立病院となり)  ぜひご参加ください。

 署名用紙が必要な方はご連絡ください。                                                                                                                                                                                   

最近の支部の活動

月曜日, 11月 30th, 2009

 支部の最近の活動について・・・参加した人はあとで詳しく書いてください。

 10月27日 岡山市のファミリーサポート事業について支部長と子連れの会員さんたちや会員さんの夫さんが担当課と懇談をしました。 

11月23日産直の運動をしている農民組合連合会の方たちとヤーコン掘りをし、バーベキューをして交流しました。家族で参加し、楽しい時を過ごしました.

今日は秋の行動の署名の最終締め切り日です。早急に集めて支部にお届けください。

12月13日に県本部大会が開かれます。ご案内が班に届いていると思います。班から代議員やオブザーバーで参加してください。